So-net無料ブログ作成
世界連邦運動・NWO ブログトップ

SEALDsの役割はなにか [世界連邦運動・NWO]

世界連邦運動は、平和な世界を作るためにひとつになろうとうたっている。

世界連邦政府
世界連邦警察
世界連邦裁判所


「世界征服を成し遂げるために」なんてことは言わない。
詐欺師はいかにも良さそうなことを言って人を騙す。
平和のため、平和のため、平和のため。


ワンワールド、世界が一つになった時、大部分の民は平等に奴隷になり(しかし自分が奴隷であるとは気づかない)、ひとにぎりの特権階級が支配する。
そしてその命令を忠実に実行するお役人。


ところで活動停止したそうだが、SEALDsの役割ってなんだろう。
SEALDsには大きなお金が動いていて、広告代理店もかんでいる。
しかし言っていることは、共感できることが多い。

私はSEALDsは将来世界連邦にとって脅威となりうる人物を捕捉しておくことなんじゃないかと思う。
あらかじめ反対派のグループを作っておく。
今の世で数少ない自分の頭で考え発言する若者が引き寄せられていく。

SEALDsから「未来のための公共」という団体が派生している。
慎重にウォッチしたい。


http://wfmjapan.org/003/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
世界連邦 とは?
地球規模の問題を扱う一つの民主的な政府をつくること

世界連邦とは民主的な政府をつくること
世界連邦とは、世界の国々が互いに独立を保ちながら、地球規模の問題を扱う一つの民主的な政府(世界連邦政府)をつくることです。
●世界連邦が実現すると
国際紛争は国家間の戦争ではなく、世界法にもとづいて連邦政府によって平和的かつ公正に処理されます。そして、連邦政府によって直接募集・訓練された世界連邦警察軍が、世界の安全保障の責任を持ち、各国の軍備は大幅に縮小または全廃されます。
このように世界連邦が実現すると、国家間の戦争は不可能になり、不必要となるのです。地球環境の保護や貧困・飢餓の救済、人権問題の解決も、手間のかかる国家間の条約によってではなく、連邦政府の地球的視野での政策決定を通じて行われてゆきます。

世界の人々は、各国の国民であると同時に地球市民として平等で、基本的人権も尊重されます。

●世界連邦とは、地球を守る方法です
わたしたち世界連邦運動は、国際連合の改革と強化を通して世界連邦を実現し、世界各国が世界連邦政府の下で法的かつ効率的に、ひとつの秩序のもとで平和と人権を守ってゆける世界を築こうとする運動です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで
nice!(0)  コメント(0) 

世界征服の決め手・緊急事態条項 [世界連邦運動・NWO]

世界征服って具体的にどういうことかと考えると、法律なんだと思う。

個人の権利を少なくし、政府の権限を大きくする。
そういう法律や条約を各国で成立させること。
全ての国でこれが成立すれば、世界征服完了である。
あとはすでに仲間になっている官僚たちが指示通りやってくれる。

アメリカでは緊急事態条項というのが成立しているそうで、国家の緊急時は個人の権利が少なくなり、政府の権限がます。

緊急時はしかたないと思ってはいけない。
今が緊急時であるかどうかを決めるのは政府。
ちょっと大きなテロや、大きな災害で、今が緊急時だと宣言することができる。
小説「1984」では、世界の3つの勢力の力が均衡し、何年も常時戦争状態になっている。
だから常時、国民の権限が制限されることもありうる。


以下SEALDSのサイトだが、内容には同意。

「災害対応には緊急事態条項が必要らしいと思っているあなたに知ってほしい7つのこと」
http://sealdspost.com/archives/4282
最近、政府与党内を含め、大規模な自然災害に対応するために緊急事態条項が必要であり、改憲を行うべきだという主張がありますが、これは、全く筋の通らない暴論です。日本には憲法を変えなくても十分に対応可能な精緻な法制度が既に存在し、このような憲法改正は不要です。何より、自民党改憲草案の緊急事態条項は、何の縛りもなく政府に全権を委ねる一種の戒厳令条項です。

実際には、大災害などで本当に緊急の対応が必要であれば、災害対策基本法という既に存在する法律に基づいて、政府は相当大胆な緊急対応を行うことができます。もちろん、戒厳令のようにならないための規定も定められています。
内閣は、どうしても国会を開けない場合には、「緊急政令」を制定できます。さらに、同法では、内閣総理大臣に行政上の権限を一時的に集中させ、効率的な行政執行を行うための仕組みも整備されています。
このように、自然災害等を理由とする緊急事態条項の導入は不要ですし、それ以外に緊急事態条項を定めなければならない特段の事情もありません。

明治憲法下であっても、議会の承認がなければ緊急勅令は将来に向けて効果を失う旨の規定がありましたから、現在の自民党憲改憲草案は、明治憲法よりもさらに人権保障に対して後ろ向きの、国家による独裁を正面から認める内容と言えます。
旧憲法から日本国憲法への改正を議論していた1946年の帝国議会において、金森国務大臣は、
国民の権利擁護のためには非常事態に政府の一存で行う措置は極力防止すべきこと、
非常時に乗じて政府の自由判断が可能な仕組みを残しておくとどれほど精緻な憲法でも破壊される可能性があること、
憲法上準備されている臨時国会や参議院の緊急 集会(衆議院の解散中に緊急で開催する)で十分であること、
特殊な事態に対しては平常時から立法等によって対応を定めておくべきこと、
という4つの理由から、明確に緊急事態条項を導入しないことを答弁しています。


http://www.wfmjapan.org/misc/
モントルー宣言(1947)世界連邦の6原則
1)全世界の諸国、諸民族を全部加盟させる。
2)世界的に共通な問題については、各国家の主権の一部を世界連邦政府に委譲する。
3)世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される。
4)各国の軍備は全廃し、世界警察軍を設置する。
5)原子力は世界連邦政府のみが所有し、管理する。
6)世界連邦の経費は各国政府の供出ではなく、個人からの税金でまかなう。


世界連邦運動協会と“国際刑事裁判所(ICC)”
世界連邦協会運動の大事な動きとして “国際刑事裁判所(ICC)”への働きかけがあります。
東西冷戦後、地域紛争などがあちこちで起こり、国際社会が適切に対処できなかった反省から“国際刑事裁判所(ICC)”設立の必要性が生じ、1998年にローマにおいて国際刑事裁判所設立条約(ローマ規程)が採択されました。
日本政府は2007年10月1日に正式に国際刑事裁判所ローマ規程に加入いたしました。
●国際刑事裁判所(ICC) とは?
国際刑事裁判所(ICC)は国際社会に影響を及ぼす大量虐殺、戦争犯罪や人道に対する罪を犯した個人を裁く常設裁判所となります。
国内法が十分に機能しない場合、国家が裁かない場合、あるいは裁こうとしていない場合、最後の手段として 発動するというのが国際刑事裁判所(ICC)の基本的な考え方です。
nice!(0)  コメント(0) 

国際刑事裁判所ローマ規程は何を意味するのか [世界連邦運動・NWO]

法律はさっぱりなので、違うかもしれないが。

世界連邦運動(WFM)日本支部が働きかけ、衆議院、参議院で可決され、採択された国際刑事裁判所ローマ規程。
これの意味はなんだろうか。


もしかして、第二次世界大戦後の東京裁判において、インドのパール判事が「戦勝国も植民地を支配して日本と同じことをしているのに、なんで日本を裁けるのか。戦勝国が戦敗国を裁けるのか。」といって、日本側の被告人を全て無罪にしたが、このような意見がでてこないようにするためではないか。


戦勝国が戦敗国を裁くことができるように、しかし戦勝国が直接裁くと体裁が悪いので、「国際」裁判所というものをつくって、戦勝国の代わりにさばく。
国際裁判所の判事を誰がつとめるかというと、世界を牛耳っている側の人間が務める。
公平な裁判が行われると思うのは幻想である。


https://ja.wikipedia.org/wiki/国際刑事裁判所ローマ規程
国際刑事裁判所ローマ規程(こくさいけいじさいばんしょローマきてい、The Rome Statute of the International Criminal Court)は、国際刑事裁判所 (ICC) の構成、管轄犯罪、手続などを規定する国際条約である。正式には国際刑事裁判所に関するローマ規程、通称ローマ規程 (The Rome Statute) という。ICC条約 (ICC Treaty)、ICC規程 (ICC Statute) とも呼ばれる。
2007年10月1日、本規程が日本について効力を発生するとともに、協力法及び関連政令、規則等が全て施行された。


http://www.wfmjapan.org/data/data_c07.html
世界連邦運動協会第62回(2007年度)総会宣言
われわれが精力的に取り組んできた国際刑事裁判所設立条約・ローマ規程が、三月に衆議院で、四月には参議院で相次いで承認され、今年加入することが確定した。ローマ規程は国際司法裁判所と並び、世界連邦運動の思想の根幹をなすものである。


2016年11月24日
[国際事務局発表ニュース]
国・地域:ロシア連邦トピック:
ロシア連邦:ローマ規程を拒否 国際司法に打撃
http://www.amnesty.or.jp/news/2016/1124_6505.html
ロシアのプーチン大統領は、「国際刑事裁判所(ICC)を規定するローマ規程を批准するつもりはない」と宣言した。同国はローマ規程に署名はしたが、批准はしていなかった。ロシアが同規程を袖にしたことで、国際司法制度は大きな痛手を受ける。
ロシアの外務省も「国際刑事裁判所は真に独立しておらず、権威ある司法機関とは言えない」との談話を出した。外務省は、批准するという約束を果たしてこなかった。
ロシアは、国連安保理でシリアの状況を国際刑事裁判所に付託することに拒否権を発動してきた。アムネスティはこれを繰り返し非難してきた。



さすがだな。
プーチンは戦争を仕掛ける側の偽善を見抜いているので、ローマ規程を拒否している。



http://www.weblio.jp/wkpja/content/国際刑事裁判所_国際刑事裁判所に関する議論
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
国際刑事裁判所
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 15:04 UTC 版)

国際刑事裁判所に関する議論
アメリカの姿勢

アメリカ合衆国は国際刑事裁判所規程(ローマ規程)の起草段階で重要な役割を果たしたが、ローマ規程が採択された1998年の国連外交会議では反対票を投じた。クリントン政権時は2000年の12月31日にローマ規程に署名したものの、批准しない旨を公表していた。ブッシュ政権に移行後は、ローマ規程が発効する直前の2002年5月6日に署名を撤回している。署名の撤回は過去に例がなく、署名を撤回することが国際法上可能であるかという問題を含め、多くの議論を呼んだ。批准書の付託業務を請け負う国際連合事務局の条約局(Treaty Division)は、アメリカ政府の署名撤回の申し出を正式に受理していない[24]。

アメリカは、国際刑事裁判所(以下「ICC」)は政治的に利用される恐れがあるとして、ICCに対して強硬な姿勢をとっている。これは自国軍将兵が戦闘区域での不法行為(主として非戦闘員の殺害など)により訴追される事を防ぐ為、ひいては自国の無謬性を主張する為と見られる。対ICC政策としては、アメリカは以下の政策を実施している。

二国間免責協定(BIA)の締結:アメリカは、自国民をICCに引き渡さないことを約する二国間免責協定(BIA:Bilateral Immunity Agreement)の締結を各国に要請している。この協定は双務的な協定ではなく、米軍兵士、政府関係者ならびにすべての米国籍保有者を保護する目的で同協定の締約国にICCへの引渡しを拒否するよう求める片務的なもの(解説)。

国際連合平和維持軍(PKO)の訴追免責の確保:アメリカは、安全保障理事会で国際連合平和維持軍(PKO)の訴追免責を認める一連の決議(決議1422を2002年[25]、決議1487を2003年[26])を採択している。2002年の決議は2003年に一度更新されたが、2004年はイラクにおけるアメリカ軍の捕虜の取り扱いが問題となり(→強制収容所、グァンタナモ米軍基地)、アメリカは決議更新の提案を断念、更新されなかった。

米国軍人保護法(ASPA)の制定:アメリカは、ICCに対する協力を禁止し、アメリカ国民にICCからの訴追免責を与える米国軍人保護法(ASPA:American Servicemembers' Protection Act)を制定している。ASPAでは、アメリカとBIAを結ばない国(NATO諸国及び一部の同盟国を除く)に対する軍事援助を停止することも規定されている。さらに2004年には、アメリカとBIAを締結していないローマ規程の締約国に対する経済援助を停止するという修正案(ネザーカット修正, Nethercutt Amendment)が合衆国議会で可決され、12月8日、ブッシュ大統領がこれに署名した。

2008年6月20日、米国政府はBIAの締結を拒否する14のICC締約国に対する経済支援の停止措置(ネザーカット修正)の適用を免除する大統領令が発令されたことを発表。その政策面でも米国の反ICC政策の軟化傾向が明らかになってきている[27]

2010年5月31日、米国政府はICCの締約国会議に公式オブーザーバー参加し代表団を派遣。帰国後の6月15日、同会議について、とくに侵略犯罪の議論に関する特別ブリーフィングを行い、その定義及び適用について「最も非道な犯罪が行われた事態についてのみ適用されるべきであるという理解に達することができたことを評価する」とした[28]。→侵略犯罪
その他の国の姿勢

1998年の国際連合全権外交使節会議でローマ規程の採択に反対票を投じた国は以下の7か国である。

メリカ合衆国
中国
中国は、補完性の原則を正確に反映していない条文が規程に含まれていることに懸念を示してローマ規程の採択に反対した[29]。

イスラエル
イスラエルは、2002年8月28日に、国際連合事務総長に対して署名撤回の通知書を送付したが国際連合の条約局はアメリカ合衆国の場合と同様、この通知を正式に受理していない[30]。
イラク
リビア
カタール
イエメン
また同会議では21か国が棄権しており、そのうち、インドとシンガポールの2か国は以下のことをその棄権理由としている[31]。

インド - 戦争犯罪の要素として大量破壊兵器(WMD:Weapons of Mass Destruction)を含むことを望んだが、国際刑事裁判所規程(ローマ規程)草案には含まれていたWMDを構成する生物兵器及び化学兵器が、採択の際には削除されたため。
シンガポール - ローマ規程における最高刑が終身刑であり、死刑は科されないことについて、凶悪犯罪についても一切死刑が課されないことに疑問があるため。
1998年以後、ローマ規程の採択後も、ICCに対する反対を表明し続けているのは、イスラエル、インド、ジンバブエ、スーダンの4か国である。

ローマ規程の採択時に反対票を投じた国のうち、アメリカは国益を損なうという懸念から近年は軟化傾向にある。カタール、イエメンの両国は、近年は締約国会議(ASP)に出席するなど反対姿勢を変化させている。しかしイエメンの場合は、いったんは国際刑事裁判所規程(ローマ規程)への加盟を議会が承認することで賛成に転じたものの、後の再採決では否決に転じているため、他のイスラム諸国で同様の動きが発生することが懸念されている[32]。

2013年10月には、大統領ウフル・ケニヤッタが訴追されたケニアがアフリカ連合に対し首脳特別会議招集を要請。狙い撃ち訴追されているとの不満が連合加盟諸国にあり、ローマ規程から集団脱退すべきとの声も出ているという。議長国のエチオピア代表は特別閣僚会議で「ICCの“不公平な扱い”は受け入れられない」と批判した[33]。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

自国民を国際裁判所の判決から守るために、アメリカ合衆国も署名撤回していると。
nice!(1)  コメント(0) 

世界連邦実現への道程図(ロードマップ)について [世界連邦運動・NWO]

世界征服をたくらむ者がいるわけない。なんて否定されてきましたが、いましたね。
これが証拠です。


「SEALDSと世界連邦日本国会委員会の国会議員たち/世界連邦運動と日本会議の繋がり」
https://blogs.yahoo.co.jp/x_lucy0_x/42707287.html
この記事の内容を一部後追い確認してみました。

荻野忠則氏はViewPoint OPINION&COLMNにも書かれており、このサイトの運営は確かに統一教会系の世界日報でした。

ここに書いてあった世界連邦実現への道程図が恐ろしいと思いました。


世界連邦実現への道程図(ロードマップ)について
http://www.wfmjapan.org/misc/roadmap1.html
理論政策委員長 荻野忠則
スクリーンショット 2017-10-26 16.16.11.png
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
勇気の要る「道程図」の設定
 運動の初期には「1955年の国連憲章の見直しを世界連邦建設の戦略であり、ゴールの年である」としたのであるが、これが達せられずに運動の停滞期に入ってしまった。これが「道程図を作って公表すれば、達成されない時に失望を招き、運動の信頼を失う」とする慎重な姿勢となり、事実上、「実現の見通しを示さない運動」となってきた。 
 しかし、「何年までに実現したい」という希望は、指導的立場の方々は述べてきた。現植木会長にも「2020年までに実現したい」と述べられたことがあったと記憶している。運動をする以上は、そのような目安をもちそれへの希望ある一歩一歩にしたいと思うのは当然である。
国会決議で歩みの手ごたえ足ごたえを感じた会員は、その道程(ロードマップ)の明示を求めるようになった。その顕著な例は日本大会(広島2005)のフォーラムテーマにロードマップが取り上げられたことである。日本大会(大阪2006)でも道程の全体像を「戦略」の語で語られ、その後も役員や組織委員会の方から「道程図」の要望が出されてきた。
 今回ようやく、その要望に合うものを目指し作成した。この道程図は「日本の世界連邦運動者の立場で想定した道程」という限界内のものにとどまる。しかし、その限界内で、目標は具体的になり、それなりに「世界連邦設立に至るまでの各段階の目標を合理的につなぎ得た」ものとなった。

A 世界連邦実現の道程・戦略の大要

1 2005年の国会決議が、これからの運動の前進基地となることを確認する。
2 2010年までに日本の改憲論議が熟してくる。それまでに上記国会決議に基づいて「世界連邦推進方針」を閣議決定し、外交の基軸とするとともに、「諸国民の公正と信義に信頼して安全と生存を保持しようとする」現憲法の趣旨を進めて「世界連邦による世界平和構築に軸を置く」憲法改正を全党派共通の方針とする。
3 閣議決定後のなるべく早い国連総会に首相又は外相が世界連邦設立を世界に呼びかけ、同時にICC規程の成立過程にならって各国議員をメンバーとする「国連議員総会」規程を提案し、各国の賛同を求める。
4 一方、2008年の北海道洞爺湖サミットでは、議長国日本が、気候変動対応の「のっぴきならぬ必要」から、国家各々の利害を超えて、必要な痛みは共有して対応することを提案し、世界の指導者の勇断を促す。その世界共生の思いが世界連邦の必要感を高めるように、日本は引き続き指導性を堅持する。
5 また一方、アメリカ軍の世界戦略基地再編と日本の自衛隊の国際貢献とは、ともに世界連邦の実現に寄与するものでなければならない。この共通認識に基づき、両国は賛同する諸国とともに「平穏裏に世界連邦体制に移行するのに不可欠な妨害抑止力」としての役割を果たす。 
※  尾崎行雄が世界連邦体制への移行のモデルとした日本の廃藩置県が無血で成功したのには
   御親兵という力があったからという教訓に学ばなければならない。
6 更に一方、EU、AU、ASEAN等の地域連合は、国家主権の制限による連邦原則に理解を持っているので、世界連邦設立条約への連携を深める。
7 また、ICC規程の採択にNGO連合が大きな貢献をしたように、国連議員総会や世界連邦設立条約の推進に尽力するようにWFMが中核となってリードする。
8 日本政府は「世界連邦憲法案」を作り国連議員総会に諮り、それを基軸にする世界連邦設立条約を提案し加盟を呼びかける。この状況を2013年までに作り、その後加盟国を増やす。
9 その批准国や地域連合、NGOなどが大連合し、2018年ごろに「世界連邦設立連合」を結成する。それから5年をメドに加盟国をさらに増やし、国連加盟国の安全保障理事会常任理事国を含む三分の二以上にし、2025年頃には国連憲章から世界連邦憲法に移行して世界連邦設立に至る。
10 拒否権を持つ国の反対などで、その移行ができない場合には、世界連邦設立連合の加盟国で日米EUなどを含む世界の産業経済の三分の二以上を占めていることを確かめ世界連邦を設立する。残る国はアインシュタインの「部分世界連邦から」の原則に従って受け入れ、やがて全世界の世界連邦を実現する。
11 世界連邦設立からほぼ10年をかけて世界の全軍備の撤廃や環境、食料、人口、貧困問題の処理を更に公平に、迅速に、効果的に進める。

B 「世界連邦実現の道程・戦略(ロードマップ)」の性格と想定

1 今の時点での見通しを示す。したがって2007年版とする。時が経てば世界の状況が変わり、それに応じてこの見通しも進化する。
2 道程は現時点から世界連邦設立に至るものである。
3 実現までの推進力としては (1) 日本国政府 (2) WFMを中心とするNGO連合 (3) EU、AU、その他の地域連合、とする。
4 日本政府を推進力とする道として (1) 「世界連邦推進の閣議決定」の実現 (2) 憲法論議で全党一致の「世界連邦による平和構築の条文」にする が 不可欠とする。
5 世界連邦実現には日本とアメリカの同意と協働が不可欠である。
6  国際連合憲章から世界連邦憲法に移行するためには、
(1) 世界連邦を志向する条約の賛同国を増やし 
(2) その賛同国に地域連合やNGO連合等も加えた「世界連邦設立連合」を拡大して行く 
過程が必要である。
7 「世界連邦設立連合」が相当程度に拡大したところで、国連憲章から世界連邦憲法への移行がすんなりできることを期待するが、一部の拒否で実現できない時は、アインシュタインが第二回国連総会に提起した「やむをえなければ、賛成の諸国は部分的な世界政府をつくる。その場合、世界の産業的経済的に重要な三分の二を含む有力なものとすることが絶対必要である。その部分的世界政府は、未加入国を完全に平等に受け入れることを明らかにし、あらゆる会議にオブザーバーとして出席を認め、未加入国に対して軍事同盟として行動することは絶対に避ける。」という原則で世界連邦を設立し、急ぐべき世界課題に対応する。やがて、未加入の国も、この世界連邦に背を向け続けるわけにはいかないでああろう。
8 世界連邦必要の原点は核兵器の廃絶を含む世界全軍備撤廃による平和確立にあるが、今や 人類生存の基盤である地球環境の保全回復や「全ての人が それぞれの地で それぞれの文化で 喜び生きられる」という共生の実現のためにも、世界連邦の一刻も早い実現が必要になっている。
9  その地球環境の保全回復は特に緊急の課題である。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第四次報告によっても、主に人類の活動に起因する地球温暖化が自然のバランスを崩して回復不能の深淵に近づき、もはや 数十年は待てない状況と思えるからである。地球環境の危機を回避するために、世界連邦の実現を早めるという勇断をサミットの構成指導者に期待する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

スクリーンショット 2017-10-26 16.24.07.png

スクリーンショット 2017-10-26 16.24.49.png

世界日報(セゲイルボ)は、「統一教会」(世界基督教統一神霊協会)系の韓国の保守系日刊全国紙。1989年2月1日に統一教会の有志財団によって創刊された。同じく統一教会系の日本の『世界日報』及び、米国の『ワシントン・タイムズ』紙とは提携・姉妹紙関係にある。(wiki)

http://vpoint.jp/opnion/33429.html
世界連邦は上記の如く、国権の最高議決機関である衆議院で、議決しているのであるから、日本国自体が世界連邦を推進する組織であるということができる。この事実は人類進化に巨大な意味を持つ

http://www.wfmjapan.org/data/data_c07.html
世界連邦運動協会第62回(2007年度)総会宣言
われわれが精力的に取り組んできた国際刑事裁判所設立条約・ローマ規程が、三月に衆議院で、四月には参議院で相次いで承認され、今年加入することが確定した。ローマ規程は国際司法裁判所と並び、世界連邦運動の思想の根幹をなすものである。


https://ja.wikipedia.org/wiki/国際刑事裁判所ローマ規程
国際刑事裁判所ローマ規程(こくさいけいじさいばんしょローマきてい、The Rome Statute of the International Criminal Court)は、国際刑事裁判所 (ICC) の構成、管轄犯罪、手続などを規定する国際条約である。正式には国際刑事裁判所に関するローマ規程、通称ローマ規程 (The Rome Statute) という。ICC条約 (ICC Treaty)、ICC規程 (ICC Statute) とも呼ばれる。

管轄権行使の前提条件[編集]
次の場合には、国際刑事裁判所は上記の犯罪について管轄権を行使できる。
1.犯罪行為地国が締約国である場合
2.被疑者国籍国が締約国である場合
3.犯罪行為地国または被疑者国籍国である非締約国が、国際刑事裁判所の管轄権を受諾する宣言を行った場合
4.国連憲章第7章に基づいて行動する安全保障理事会が事態を国際刑事裁判所に付託した場合

管轄権行使の方法[編集]
以下の3通りの方法により、訴訟が提起される。
1.締約国が国際刑事裁判所の検察官に事態を付託する
2.国連憲章第7章に基づいて行動する安全保障理事会が国際刑事裁判所の検察官に事態を付託する
3.国際刑事裁判所の検察官が捜査を開始する
上記1および3の場合は、前述の管轄権行使の前提条件のうち1-3のいずれかの条件を満たしていなければならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シオンの24議定(シオン賢者の議定書) 【内海聡医師の facebook より】
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/44844772.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始

 シオンの24議定
 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 (2015年5月21日)


 以下は『シオンの24議定(シオン賢者の議定書)』と呼ばれるものを、私なりに要約したものだ。
 どれくらい現代の世界で実現されているだろうか?


【第一】
 ユダヤ人(ここで言うユダヤ人とはすべて偽ユダヤ人のことであり、ロスチャイルドシオニストのような人々のことを言う)の立場と非ユダヤ人=ゴイムの立場をはっきりさせ、暴力と恐怖によってゴイムを支配し、正義がユダヤ人の力によってもたらされるようにする。
 政治家にモラルは不要であり、策謀と偽善を用いる必要があり、ユダヤ人は道徳を学んではならない。
 非ユダヤ人に自由というウソを洗脳することで、ユダヤ人はその裏ですべてを決めることができるように設定する。

【第二】
 直接的戦争よりも、経済の支配によってユダヤ人たちの優越を決定化させる。
 すべてにスパイを放ち、それぞれの国家の法律を無効化し、享楽に非ユダヤ人を耽らせ、非ユダヤ人に吹き込んだ科学という偽の法則を信じ込ませる。そのためにメディアを利用し、インテリを利用し、新聞をユダヤ人が支配する。

【第三】
 権力者たちを裏から操って互いに争わせる。
 政治の党派や保守革新の思想など、あらゆる分野においてである。
 制度を瓦解させ、民衆を扇動し、不秩序を招く。

【第四】
 非ユダヤ人に深く思想させないために商工業を利用する(いわゆる「3S政策」などに代表される考え方だろう)。
 このことにより、人民の共同の敵(つまり自分たち)を見逃すように仕向ける。
 商工業の利益はすべて最終的にユダヤ人に流れるよう設定し、非ユダヤ人を人情酷薄な存在とし、高尚な政治や宗教に対して考えさせなくし、金儲けだけに興味を持つよう設定する。

【第五】
 ユダヤ人が負けた時に、(ユダヤ人を)負かした者に軋轢(あつれき)が生じるように設定しておく。
 非ユダヤ人に感情に訴えるものだけで満足するよう設定し、政治の公約が実行されたか判断しないよう設定する。
 社会生活上の取り決めを複雑化し、人間同士を互いに理解し合えなくさせる。

【第六】
 商工業に保護を加え投機を奨励し、工業を不安定化させ農業を改良させないようにし、世界のお金がユダヤ人の手に収まるようにする。そして、非ユダヤ人を貧乏にして、ユダヤ人の元に跪かせる(ひざまずかせる)ように設定する。そのために、非ユダヤ人に贅沢を奨励する。

【第七】
 大陸同士で騒乱、闘争、不和をかき立てる。
 それによって、ユダヤ人が二重の利益が出るようにする。
 暴動も鎮圧も支配できるシステムとし、気づいた非ユダヤ人であっても、ユダヤ人を必要悪と見るよう仕向ける。
 基本として狡猾さや奸計を用い、表向きは外交辞令として正直で偽善的に振る舞う。

【第八】
 あらゆるインテリ(メディア関係者・弁護士・医師・政治家・官僚・その他)に特殊教育を与えてユダヤ人に従うよう洗脳し、人間の深層心理とシステムを操るようにする。
 経済学という偽の学問を広げ、銀行家や資本家も含めて彼らが悪いことをやっているように見せかけ、経済学の裏にユダヤ人がいることを気づかせないようにする。
 そのような非ユダヤ人で指令に従わない場合は死刑や追放を検討し、ユダヤ人の奴隷にする。

【第九】
 本当の自由の基礎である教育を崩す。
 嘘の学説を非ユダヤ人の青少年たちに教え、彼らを欺き愚鈍にさせ腐敗させる。
 法律を狂わせ法の意味を歪曲させ、真の精神を失わせる。
 そして、非ユダヤ人がユダヤ人の真意に気付き反抗することへの対策を立てる。

【第十】
 非ユダヤ人に自由主義という毒液を注射し、非ユダヤ人にとって健全だった専制政治を廃し、立憲政治を生み出させる。
 憲法とは本来、ユダヤ人が作ったものであり、その本当の目的は闘争と対立をかり立て、国の機能を弱め、個性的価値を奪う無益なものである。
 そして、ロボットの大統領を作り、ユダヤ人に奴隷の如く仕える者を選ぶ。
 国境や宗教を撤廃し、平和と安らぎを取り戻すと錯覚させ、すべてを統一し、救済する世界の王を与えよと非ユダヤ人を思い込ませる。

【第十一】
 クーデターや戦争の時に、ユダヤ人の望む憲法を一挙に成立させる。
 非ユダヤ人が胆を潰し、頭が混乱しているうちに強制しなければならない。
 非ユダヤ人に反抗すれば弾圧されると印象操作する。
 非ユダヤ人は羊の群れで、ユダヤ人は狼である。

【第十二】
 情報をすべてユダヤ人が検閲する。
 世界のニュースは若干の通信社に集め支配して、ユダヤ人が許すニュースだけが伝達されるようにする。
 新聞・雑誌・書籍といった、いわゆるジャーナリズムはすべて許可制する。
 出版と新聞をもっとも重要な洗脳の手段とする。
 また、新聞にユダヤ人を攻撃させることで、非ユダヤ人に完全な言論の自由があると錯覚させる。

【第十三】
 非ユダヤ人に事情を悟らせないために、芸能・スポーツがもてはやされ、愚鈍なクイズを扱わせる。
 娯楽により関心を方向転換させ、独立して自ら思索する能力を失わせる。
 進歩という錯覚を非ユダヤ人に与え、真理は唯一ひとつあるだけで、この世に進歩の余地などないことを決して気づかさせないようにする。
 すべてのことが、幾世紀にも亘って(わたって)我々の計画で謀られたことを誰も気づかなかったが、その時こそ、はっきりするに違いない。

【第十四】
 非ユダヤ人に政治に幻滅させて、自由の権利より安楽に暮らせる奴隷のほうがマシだと思わせる。
 非ユダヤ人のために昔から、いわゆる先進諸国において不道徳な、劣悪な偽文字を創っておいたが、世界支配後も、しばらくはこれを放置する。

【第十五】
 世界各国に革命を同時に勃発させ、政府の無力さを見せつけて、結果的にユダヤ人の支配を強める。
 非ユダヤ人の反逆に警戒し、武装蜂起する者どもは皆殺す。
 ユダヤ人の権力が確立するまでは、フリーメイソン支部を世界各国に増設する。
 メイソン全支部は誰も知らない中央管理機構(イルミナティ)の下に置く。
 メイソンの各支部は真の管理機構(イルミナティ)を覆い隠すために置かれる。

【第十六】
 真の大学はこれを廃止する。
 その上で、新しい綱領に基づくユダヤ人に都合の良い新大学を創設する。
 学長や教授は洗脳教育し、ユダヤ人の計画からはみ出せないようにしておく。
 青年を従順にし、支配者を敬愛し信頼させるようにする。
 古典と歴史の研究を廃するようにする。
 ユダヤ人に都合の悪い歴史事実を抹殺する。
 視覚教育により非ユダヤ人を考えられない動物にする。

【第十七】
 全人類にユダヤ人に背く犯人告発の義務を負わせる。
 監視社会を築くと同時にユダヤ人が政治の不正を正したと思い込ませる。
 ユダヤ人が不正や職権乱用や贈収賄などを広めたという歴史は分からなくさせる。

【第十八】
 ユダヤ人の王が陰謀や人々を怖がって身を隠すのだといった考えを、非ユダヤ人に考えさせないようにする。
 ユダヤ人の王が人民の請願書を受け取っているかのように錯覚させる。

【第十九】
 政治について告白するものを政治犯に仕立て上げ、彼らが英雄視されることをなくすため犯罪人とする。

【第二十】
 財産に対して課税し、金持ちたちを国やユダヤ人の味方になるようにする。
 累進的な財産税で個人の富の増大を防ぐ。
 あらゆる国債は、政府が誤った行政を行う無能の告白なのでこれを広める。
 外債を募り、非ユダヤ人政府は血を吸い取られて死ぬことになる。

【第二十一】
 公債発行に際して一般の誰でも買えるように額面を安くする。
 最初の応募者には割引きし、次の段階で人為的に価格の釣り上げを行なう。
 これにより、非ユダヤ人が政府の債権を信用しているように錯覚させる。
 後に、残る債務は新公債を発行する。
 新税も、借金のための借金として作り出す。

【第二十二】
 ユダヤ人の莫大な金を、さらに世界征服のために有効に使う。
 多少暴力を使ってでも、これらの金を使い、秩序を確立する。
 ユダヤ人の法律従わせ、この苦しみ多き地上に、真の幸福と自由をもたらし、平和と秩序を与える。

【第二十三】
 非ユダヤ人は強大な権力にだけ絶対服従するので、これを推し進める。
 非ユダヤ人は王に天使のような優しさなど望んではいない。
 非ユダヤ人が求めているのは、不屈の権力の化身である。

【第二十四】
 我々はシオン賢者たちが、今まであらゆる障害を乗り越えて、世界の問題を処理し、人類の思想を導いてきた故智に学ぶだろう。そして、我々が望む方向に非ユダヤ人を教育する。
 選ばれた者たちに政治の要諦を教えるのだが、他の誰にもその秘密が洩れないようにしなければならない。
 こうして、政治はその秘訣を知った唯一人の者によってのみ行なわれる、という原則が保たれる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

なんかいろいろと恐ろしい。
知らない間にがっちり包囲網ができあがっているような。
シオンの議定書の通りですね。
nice!(0)  コメント(1) 

世界連邦運動・日本会議がNWO実行部隊か [世界連邦運動・NWO]

先日書いた世界連邦運動(せかいれんぽううんどう、World Federalist Movement、WFM)、これがNWO(New World Order,新世界秩序)の実行部隊と思われる。
日本会議もそのひとつのよう。
世界連邦自治体全国協議会に全国81自治体が加盟している。


https://ja.wikipedia.org/wiki/世界連邦運動
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用開始
世界連邦運動(せかいれんぽううんどう、World Federalist Movement、WFM)は、世界の全ての国家を統合した世界連邦の成立を目指す、国際的な非政府組織である。

世界連邦運動はモントルー宣言に基づき以下をその活動原則としている。
1.全世界の諸国、諸民族を全部加盟させる。
2.世界的に共通な問題については、各国家の主権の一部を世界連邦政府に委譲する。
3.世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される。
4.各国の軍備は全廃し、世界警察軍を設置する。
5.原子力は世界連邦政府のみが所有し、管理する。
6.世界連邦の経費は各国政府の供出ではなく、個人からの税金でまかなう。

現在国家単位で与えられている国連への参加資格を個人単位に移すことを主眼としており、これらは即ち、事実上の「単一世界国家(単一世界政府)」(ワン・ワールド)の建設である。

1983年にはThe Institute for Global Policyというシンクタンクを立ち上げた。IGPは、国際/地域組織の民主化と、国際法の開発および世界適用を標榜する。最近ではNGOの国際会議参加を擁護している。

世界連邦日本仏教徒協議会を立ち上げた朝比奈宗源はのちに「日本を守る会」(現在の「日本会議」の前身の一つ)にも関与している (ちなみに、現在の世界連邦日本仏教徒協議会会長叡南覚範は、日本会議滋賀会長を務めている)。現在も神道では、世界連邦日本宗教委員会会長田中恒清は日本会議副会長を務め、世界連邦日本宗教委員会メンバーである北白川道久神社本庁統理や鷹司尚武神宮大宮司日本会議顧問である。仏教では渡邉惠進前天台座主が日本会議顧問であると共に世界連邦日本宗教委員会メンバーでもある。
諸団体は、その協力組織として「世界連邦推進日本協議会」を構成し、毎年日本各地の主要都市で「世界連邦日本大会」を開催している。

この中の世界連邦自治体全国協議会は1950年10月14日、京都府綾部市の世界連邦都市宣言第1号に始まり[3]、2012年には全国81自治体(1都2府1道17県60市区町村)が加盟している[4]。
2005年8月2日、衆議院に「国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年に当たり、更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議案」を、川崎二郎外20名が提出し可決。本決議の中に「世界連邦実現の道の探求」という部分があり、本決議を受けて、麻生太郎外務大臣の指示により、2005年12月14日に、外務省総合外交政策局・政策企画室に世界連邦運動の窓口を設置することが決定した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー引用ここまで

World Federalist Movement Japan
http://www.wfmjapan.org

参議院決議で世界連邦に言及
http://www.sangiin.go.jp/japanese/gianjoho/ketsugi/190/160525-1.html
>>世界連邦実現への道の探求に努め、平和な未来を確実にするための最大限の努力をすべきである。
(松山政司君外十四名発議)

私たちの資金提供者(google翻訳)
http://www.wfm-igp.org/content/our-funders
WFM-IGPプログラムおよび活動の主なサポートは、以下のパートナーによって提供されています。
フォード財団
ヒューマン・ユナイテッド
ジョンD.とキャサリン・T・マッカーサー財団
Sigrid Rausing Trust
オープンソサエティ財団
Planethood財団
グローバルなホームルール
Paul D. Schurgot財団
サミュエル・ルービン財団
ハーマン・ゴールドマン財団
トーマス・A・トッド財団
司法、平和、民主主義のための世界奉仕瞑想グループ基金
ユナイテッド・ワールド・オブ・ユニバース財団
オーストラリア連邦
欧州連合
ルクセンブルク大公国
アイルランド援助
ベルギー王国
デンマーク王国
オランダ王国
ノルウェー王国
スウェーデン王国
ニュージーランド政府
リヒテンシュタイン公国
オーストリア共和国
フィンランド共和国
スイス連邦

http://www.wfmjapan.org/misc/proposal.html
●世界連邦推進日本協議会 第二回 政策提言 2007年12月17日
「世界連邦実現への道の探究など、持続可能な人類共生の未来を切り開くための最大限の努力をすべきである」と誓約した国会決議は、国民を代表する国会議員が超党派の絶対多数で採択された。その決議案のもとになる世界連邦日本国会委員会が中心になって提出した「国連60周年にあたり国連改革および世界連邦の理想実現に関する決議」(案)は、提出議員と日本の全政党から全衆議院議員の三分の二以上の賛成署名議員によるものであった。これらの事実は「世界連邦実現という国是」が偏りない全国民の意志であることを示している
世界連邦推進日本協議会
植木 光教 世界連邦推進日本協議会会長 
         世界連邦運動協会会長
森山 眞弓 世界連邦日本国会委員会会長
四方八洲男 世界連邦宣言自治体全国協議会会長
田中 恆清 世界連邦日本宗教委員会委員長


国際連帯税「検討委員会」設置の提言
http://www.wfmjapan.org/images/5thproposal20120315.pdf
2012年3月15日
これら政策提言の根幹は、例えば第四回提言の第一項「国会決議に基づく世界連邦建設の立志 を鮮明にすること」に要約されています。この根幹に沿い、私たちは、国際刑事裁判所、国際連帯税など国家を超えた諸制度を充実させることで、グローバル・ガバナンスを構築し、世界連邦 を実現することを目指して活動しております。環境保護・平和・世界の貧困対策など、国家を超 えた諸課題に対応するには、国家を超えたシステムが必要であると私たちは考えております。
世界連邦推進日本協議会
海部 俊樹 世界連邦推進日本協議会会長
世界連邦運動協会会長
中野 寛成 世界連邦日本国会委員会会長
山崎 善也 世界連邦宣言自治体全国協議会会長
田中 恆清 世界連邦日本宗教委員会会長

世界連邦実現への道の探求 記念講演 大宅映子
http://www.wfmjapan.org/data/171014grancube.pdf



憲法96条改正に異議あり
http://www.nichibenren.or.jp/library/ja/publication/booklet/data/constitution.pdf
憲法96条は、衆参両議院がそれぞれ総議員の3分の2以上の賛成で、 慎重に憲法改正を発議(提案)しなければならないって定めているんだよ。 発議されると国民投票にかけられるよ。
今、96条を改正して憲法を変えやすくしようとする動きがある。
それが今、衆参両議院のそれぞれ総議員の過半数だけで簡単に 憲法を発議(提案)できるようにしようという動きがあるの!


世界連邦運動協会とは天皇NWO世界征服の事なのか?
https://ameblo.jp/nekoinusun/entry-12051852625.html
>>赤文字にした活動原則を読むと恐ろしいですね。 「世界連邦法は「国家」に対してではなく、1人1人の「個人」を対象として適用される」という箇所は、 やはり!!と思いました。 今まで過去記事に書いてきた国民監視のためのでっちあげ事件、法律強化これも世界連邦法のためのものなのでしょう。
善意のところに偽善の悪魔が潜んでいるということを忘れないでおきましょう。
こちらがあの毒薬の子宮頸がんワクチンに名を連ねている人物です。
 当時、創価学会員は、子宮頸がんワクチン承認の署名活動をしていましたね。
 そして、一番下の事務局長 木戸寛考は世界連邦運動の一員らしいです。
 子宮頸がんワクチンに世界連邦運動が関わっていたことになります。


②世界連邦運動協会とは天皇NWO世界征服の事なのか?
https://ameblo.jp/nekoinusun/entry-12053092211.html



2015年4月 7日
【世界連邦運動】世界連邦運動派リスト【随時更新】 ver1.8
http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2015/04/post-f8e5.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載開始
20171026-1.png

20171026-2.png

20171026-3.png
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー転載ここまで


SEALDSと世界連邦日本国会委員会の国会議員たち/世界連邦運動と日本会議の繋がり
https://blogs.yahoo.co.jp/x_lucy0_x/42707287.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー抜粋開始
❏世界連邦運動の最終目標はOneworld
❏SEALDSの周りは世界連邦運動関係者が多い
■SEALDSデモにかけつける世界連邦日本国会委員会リストにでていた国会議員たち
■世界連邦関係者は野党議員だけではない
当時大臣だった麻生の指示で外務省に世界連邦運動の窓口まで決まっている。
日本会議国会議員でもあり、世界連邦日本国会委員会でもある稲田朋美としばき隊男組組長(東京レインボープライド)
■SEALDS派生団体MIDDLESの創設に携わった民主党議員秘書
勝見貴弘も2012年迄は世界連邦運動国際本部の執行理事だった
最初期のレイシストしばき隊メンバーだった弁護士神原元の妻は、ヒューマンライツウォッチ(HRW)日本代表の土井香苗であるが、この団体もGソロスが資金提供している。2010年には1億ドル(85億円)寄付
世界連邦運動傘下組織にアムネスティやヒューマン・ライツ・ウォッチは代表を
送っていると書かれているのでそのつながりかもしれない。
世界連邦運動の歴史が一番長い。
❏極右といわれる日本会議の前身は世界連邦運動(世界連邦日本仏教徒協会)であり、今もその連携は続いている!
世界連邦運動と日本会議を兼任する幹部もいる
①日本会議副会長は神社本庁の田中 恆清であるが 世界連邦日本宗教委員会事務局長だ。
日本会議には世界連邦運動関係者の確率高すぎるね。
❏世界連邦運動の理事長は、明治維新の木戸孝允がご先祖、A級戦犯の木戸幸一の曾孫で電通出身の木戸寛孝。
皇族・伯爵 支配階級の人々が集う

笑顔いっぱいの親しげな写真思ったら、(竹内睦泰は)麻生太郎と同じ家系だったということ
”変な縁です(笑)麻生太郎総理の祖父は 吉田茂総理ですが もともとの名前は 竹内茂。
実は竹内家から吉田家に養子に行ったのが吉田茂。”

世界連邦運動は原爆の研究開発の勢力が発起人になっている。
原爆推進して大量に死亡者が出てから反省してるかのように
同勢力が世界を一つにするための平和運動するという気持ち悪さ。
戦争屋と平和運動がコインのオモテウラだとわかり歴史の闇を垣間見る一冊。

世界戦争は世界連邦建設のために神に捧げる犠牲

マスコミも日本会議ばかりを煽っているのは、世界連邦運動のほうが日本人に広島・長崎原爆投下された日本人たち知られたらまずいことがあるからだろう。世界連邦運動はフリーメイソンとキリスト教が発起人、日本会議は新興宗教や神社本庁、戦後はキリスト教は日本人に受け入れられなかった、そこで日本会議のような神社本庁や新興宗教が加盟するネットワークを構築して、宗教をとりまとめる機関としての役割を担っているようにみえる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで引用

↑非常にわかりやすい。
上のリンクはぜひお読みください。


nice!(0)  コメント(1) 

枝野幸男氏は世界連邦日本国会委員会メンバー [世界連邦運動・NWO]

見抜けなかったー。


https://twitter.com/real_christian0/status/918243226762579969
Christian‏
@real_christian0
前から言っているとおり、誰が政権を取ろうが同じなのです。国会議員全員グルです。全員が憲法改悪を目論んでいるのです。立憲民主党が自民党の改憲を牽制するのは演技です。対立構造を見せないと国民が納得しないからです。こんな茶番も見抜けない人は選挙が公平だと盲信し、特定の議員を支持する。


https://twitter.com/q_MW_p/status/914916933790720000
ᴹ ⁰ ₁ ⁷‏
@q_MW_p
#立憲民主党 #与野党グル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%9D%E9%87%8E%E5%B9%B8%E7%94%B7
枝野幸男の名前の由来は世界連邦初代会長尾崎行雄からと書かれている。 ※尾崎行雄と麻生太郎と親戚関係(一族)にあたる。 枝野幸男は当然、世界連邦日本国会のメンバーにも名前がある。 2013年9月10日 「#憲法改正 私案」を発表している。

世界連邦運動 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/世界連邦運動
世界連邦運動(せかいれんぽううんどう、World Federalist Movement、WFM)は、世界の全ての国家を統合した世界連邦の成立を目指す、国際的な非政府組織である。 目次. [非表示]. 1 歴史; 2 現状; 3 日本での活動. 3.1 世界連邦日本国会委員会の歴代会長 ... 1977年時点で37カ国に45の組織をもち、会員は100万人に達し、本部はハーグ、初代 会長はジョン・ボイド・オアで、1961年以来湯川 ... 日本では終戦直後に尾崎行雄ら有志の議員が「世界連邦建設に関する決議案」を国会に提出。1948年には「世界連邦建設 ...
‎歴史 · ‎現状 · ‎日本での活動 · ‎世界連邦日本国会委員会 ...

尾崎行雄 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/尾崎行雄
尾崎 行雄(おざき ゆきお、1858年12月24日(安政5年11月20日) - 1954年(昭和29年)10月6日)は、日本の政治家。日本の議会政治の黎明期から戦後 ... 称号は衆議院名誉議員、東京都名誉都民。世界連邦建設同盟(現、世界連邦運動協会)初代会長。

世界連邦日本国会委員会名簿(五十音順敬称略・2017 年 1 月 20 日現在)
http://www.wfmjapan.org/008/member20170120.pdf
20171024-1.png

<自民党>
【衆議院】 逢沢一郎 穴見陽一 池田道孝 稲田朋美 井上信治 今津寛
大塚高司 小田原潔 加藤勝信 河村建夫 北村茂男 北村誠吾 岸田文雄
高村正彦 後藤茂之 左藤章 塩崎恭久 柴山昌彦 下村博文 園田博之
高木宏壽 竹本直一 谷垣禎一 土屋正忠 渡海紀三朗 中根一幸 中山泰秀
額賀福志郎 野田毅 西村明宏 西村康稔 萩生田光一 平井卓也 平沼赳夫
三ツ林裕巳 宮澤博行 森山裕 山口俊一 山口壮 吉川貴盛
【参議院】 猪口邦子 岡田直樹 古賀友一郎 末松信介 中川雅治 馬場成志
山田宏

<民進党>
【衆議院】 阿部知子 荒井聰 枝野幸男 逢坂誠二 大畠章宏 小熊慎司
菅直人 佐々木隆博 髙木義明 津村啓介 中川正春 西村智奈美 升田世喜男
松木謙公 松野頼久 松原仁 柚木道義 横路孝弘 笠浩史
【参議院】 相原久美子 大野元裕 長浜博行 難波奨二 福山哲郎 藤末健三
藤田幸久

<公明党>
【衆議院】 石田祝稔 井上義久 浮島とも子 漆原良夫 輿水恵一 佐藤茂樹
佐藤英道 中野洋昌 遠山清彦 濱村進 樋口尚也
【参議院】 石川博崇 伊藤孝江 魚住裕一郎 新妻秀規 浜田昌良 宮崎勝
山本香苗

<共産党>
【衆議院】 笠井亮
【参議院】井上哲士 紙智子 倉林明子 小池晃 山添拓

<維新の会>【衆議院】 伊東信久 谷畑孝
<社民党> 【参議院】 福島瑞穂
<自由党> 【衆議院】 玉城デニー
<無所属> 【衆議院】 川端達夫 亀井静香 伊達忠一

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

World Federalist Movement of Japan
世界連邦運動協会
http://www.wfmjapan.org/003/index.html
連絡先
世界連邦運動協会
〒107-0052
東京都港区赤坂7-2-17赤坂中央マンション303
TEL/03-6438-9442
FAX/03-6438-9443

ビル図鑑
赤坂中央マンション
https://b-zukan.jp/floor/tokyo/5339/
20171024-2.png

最新の空室情報 (2017年9月29日更新)
階数 坪数 賃料+共益費 賃料月額 保証金 入居可能日 図面
1階(101) 19.98坪 10,308円/坪 205,950円 4.0ヶ月 即

「03-6438-9442」で検索した結果
これは一体なにを意味する?

20171024-3.png
20171024-4.png
20171024-5.png
20171024-6.png
nice!(0)  コメント(1) 
世界連邦運動・NWO ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。