So-net無料ブログ作成

トランプ大統領は通貨発行権をとりもどす? [政治・社会]

トランプ大統領はケネディができなかったことをやると言ったそうです。
それは、FRB(米国連邦準備制度理事会)抜きで通貨を発行することでは?
もしくはFRBを民間ではなく完全に政府が所有するとか。
通貨発行権をとりもどすことではないかなと思います。
それがアメリカを「彼ら」の支配から解放する肝心なところなのでは?

だからヒラリー支持であった「彼ら」は必死になって、トランプを叩くのでは?
「彼ら」のトランプに対する叩きっぷりはあきれるほどで、トランプがいかに人気がないか報道したり、反トランプデモを扇動したり(たぶん)。メリル・ストリープやマドンナまでも動員して。

日本銀行も今日現在の日本銀行の株主は、政府が55%、民間が45%で構成されています。
金利やマネーサプライをコントロールすることが出来る中央銀行は、バブルもデフレ不況も自由に創り出す事ができるのです。
だから日本銀行もすべて政府所有とすべきなんでしょうね。

そしてBISの支配は受けないと。

http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/667.html
**********引用開始
すなわち、分かり易く言えば、彼ら連邦銀行は純粋な民間会社ですから、アメリカ政府が大赤字になって、将来のアメリカ国民の年金や医療など、社会保障がどうなろうが知った事ではなく、ただ同然の紙切れにドルを印刷して、アメリカ政府に貸付する事さへできれば、後は自動的に利子の分が儲かるというシステムです。

このインチキのような中央銀行非難は、過去アメリカでも何度も議論されていますが、ケネディ大統領は、FRB抜きで通貨を発行する権限を政府に与えるExecutive Order 11110に署名し、11月22日に暗殺されてしまいました。 Executive Order 11110は現在でも有効でありますが、それを行使した大統領はおりません。
**********引用ここまで

カレイドスコープ
ドット・フランク法の「罠」と連邦準備制度理事会(FRB)の閉鎖
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4674.html
**********引用開始
しかし、ドナルド・トランプ大統領が本当にアメリカ経済を立て直したいのであれば、彼は連邦準備制度理事会(FRB)を閉鎖しなければなりません。

彼は、フォーチュンに「連邦準備制度こそが、虚構の経済をつくっているのだ」と述べたように、FRBの解体、もしくは抜本的な改革なしにアメリカ経済の立て直しは不可能であるとの持論を展開しています。

だから、アメリカ国民の借金も、私たち日本国民の借金も膨れ上がる一方で、プライマリ・バランスなど決して達成できないのです。

この点で、すべての経済学者は、中央銀行のあるどの国の国民も騙していると断言していいのです。学者は、どんなときにでも嘘をつくように生まれついているのです。

そして、なんとか難癖をつけて相手国を侵略して傀儡政権を打ち立て、ロスチャイルドの中央銀行を創設させるのです。

その中央銀行は、スイスのバーゼルにある「銀行の中の銀行」と呼ばれている国際決済銀行(BIS)のコントロール下に置かれます。

この国際決済銀行も、またロスチャイルドが所有している、あらゆる国家と完全に切り離された超国家組織なのです。

中央銀行のシステムは、人々から金を巻き上げて貧困に追いやる悪魔的な機構です。どの国にも、民間の中央銀行は必要ないのです。

実際に、米国史上最大の経済成長期は、中央銀行がない時でした。

ジョン・F・ケネディは、それに気が付いており、FRBを閉鎖する代わりに、1963年、負債に基づかない政府紙幣の発行を実行しました。
米国財務省に負債に基づかない政府紙幣発行の権限を与える大統領命令11110を発動したのです。

彼は、その後まもなく暗殺されました。

・・・債務は社会的統制の一形態であり、グローバル・エリートはこの見えない借金システムを使って世界を支配しています。
なんと悲しいことに、それが見える人は、ごくごくわずかしかいません。

・・・アメリカの経済崩壊を防ぎ、世界の金融システムを安全にするための他の選択肢は与えられていません。

ドナルド・トランプに、それができるでしょうか。
**********ここまで引用
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。